Q&A(動物とのふれあいについて)

言語の選択(Language)
  • 六甲山牧場のスタッフブログサイト
  • 六甲山牧場のナビゲーションサイト
  • 六甲山牧場のオンライン通販ショップ
  • 六甲山牧場の公式インスタグラム
  • 友だち追加

神戸市立六甲山牧場
〒657-0101
神戸市灘区六甲山町中一里山1-1

動物とのふれあいについて

・動物に食べ物を与えてもいいの?
動物に食べ物を与えるのは厳禁です。
但し、ひつじふれあい広場(南エリア)やヤギふれあいの丘(北エリア)、いやしのほとり(北イベント広場)など、アニマルベンダー(エサの自動販売機)が設置してある所の牧柵内にいる羊・ヤギには専用のエサを与えることができます。
但し、子ヤギには与えないで下さい。
また、自由放牧している羊や、馬、乳牛、ウサギには絶対に食べ物を与えないで下さい。
・牛の乳搾り体験はやっていますか?
牛の乳搾り体験は行っていません。
牛とのふれあい体験は、子牛のミルクやり体験を行っています。
・雨の日でも動物は見れますか?
雨の日は、畜舎の中に入る動物が多くなります。
羊の自由放牧は中止となり、畜舎の窓越しに見て頂くかたちになります。

基本的には、以下の状況になります。
羊:畜舎(窓越しに見ることが出来ます)
ヤギ:北エリアのヤギの多くは畜舎(窓はありません)、一部のヤギは小屋の中にいますので見ることが出来ます。
南エリアのオス山羊は見ることが出来ます。
馬:畜舎(小さな窓越しと、畜舎の扉付近から少し見ることが出来ます)
牛:見ることが出来ます。
水鳥:見ることが出来ます。
ミニブタ:見ることが出来ます。
Translate »
page_top